子鹿の月面宙返り。

タイトル変えてみました。気分です。どんな技かは知りません。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 不安になるのは自信がないから。 | main | ふんわりした体系になりてい。 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
七夕っすね。今日は三日月でございますよ。
バイト先にも短冊が山ほど飾ってありました。
飾りすぎて竹がしなるくらい。もっさり。
そしてシュールなのが多いんだよなぁ・・。
たまんねぇなぁもう・・!!おもしれぇわっ!!
さまざまな人間の煩悩が書かれていました。

こじゃれは今日、即席ながら部室にて願い事を書きました。

先輩「今日、七夕だよぉーう!!短冊書こうー!!」
こじゃれ「いいですねぇ。これに書きましょう。」

そこらへんにあった真っ白なメモ紙。

こ「どうします?笹ないですよー。」
先輩「これでいいんじゃね?」

ビニールひも。

次々とひもに通される短冊。洗濯物みたい。
いくらなんでも即席すぎww風流の欠片もないww
こういうとこ大好きだなって思います。
みんながなんて書いたのか、明日じっくり読みたい。

夏休みにまた旅に出ようかなと、思ってます。
そうだ、旅に出よう・・!!ってなったからです。
深い意味はない。気楽な旅です。
| 23:09 | 姉*日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 23:09 | - | - | - |









url: http://redballons-16.jugem.jp/trackback/483